ニキビ跡を治すためには、ホルモンバランスを整える必要が…

規則正しい食生活が難しい場合には、サプリメント類を使って栄養バランスをサポート

ニキビ跡にも種類がありますが、赤みのある場合は、ニキビが炎症を起こして赤みが出た後にニキビがほぼ治っても赤みだけが残ってしまう症状です。

症状の進行度合いによって種類が分かれますが、赤みのあるタイプのニキビ跡は最も軽い初期症状とされています。

赤みの正体は、毛細血管です。

ニキビで損傷してつくられた傷を治すために毛細血管が集中しており、なにもスキンケアを行わなければそのまま残ることもあり、悪化すると色素沈着からシミなど目立つことがあります。

ニキビ跡を治すためには、ホルモンバランスを整える必要があります。

ホルモンバランスを整えたり、ビタミンCを摂取したりと肌の修復力を高め、肌のターンオーバーを正常化することが早く治すことにつながります。

特に、生活習慣の乱れはホルモンバランスが乱れてしまい、肌のターンオーバーまで乱すことになります。

ホルモンバランスを整えるためには、夜はしっかり寝て、暴飲暴食はしないようにします。

睡眠時間が足りていないと疲労やストレスがぬぐえず、ホルモンバランスが乱れていきます。

暴飲暴食や偏食は、余計な皮脂ができやすくなり、ターンオーバーのリズムが乱れがちです。

栄養が足りなくてもニキビが出来やすくなり、ニキビ跡が治りにくくなります。

規則正しい食生活が難しい場合には、サプリメント類を使って栄養バランスをサポートすることも一つの方法です。


外からのスキンケアでは、保湿が重要なポイントになります。

肌の乾燥は、バリア機能を低下させるとともにターンオーバーを乱すことになります。

保湿を行い、肌のターンオーバーをサポートすることで、新しい皮膚を再生させ、少しずつニキビ跡を薄くしていくことができます。

肌の保湿力となる皮脂や天然保湿因子や細胞間脂質を最大限に引き出すためには、まず洗いすぎに注意します。

刺激の強いクレンジング剤を使ったり間違った洗顔を行っていると角質にダメージを与えることになるため、必要な潤いは残しつつ、汚れや余分な皮脂だけを洗い流すようにします。


洗顔後には、化粧水や乳液、クリームなどを必要な分だけ使って肌本来の保湿力を補ってあげます。

過剰に化粧品を使用することは、肌に刺激を与えることになってしまうため、シンプルな保湿ケアを心がけます。

保湿では、ビタミンC誘導体化粧水を使う方法があります。

ビタミンC誘導体には、皮脂の分泌抑制の働きやメラニン色素の生成抑制、肌のコラーゲン生成の促進、肌のターンオーバー促進などの美肌効果が期待できます。

※関連サイト⇒http://www.kom-on.net/



ニキビ跡に効く化粧水ランキング

ニキビ跡に効く化粧水ランキング

※おすすめのサイト⇒http://www.youth-diplomacy.org/


このページの先頭へ

トライアルセット生活