ニキビ跡を治すには肌が独自で持っているターンオーバーという再生機能を活用する…

朝晩しっかりと専用化粧水で保湿をする

ニキビ跡のケアについての体験談です。


私は10代の後半にいわゆる思春期ニキビに悩まされました。

主に頬とおでこにできて、一つ二つといったレベルではなく、酷い時には頬とおでこは真っ赤に見えるぐらいいくつもいくつもできている状態でした。

当時はニキビを皮膚科で治療するという風習があまり浸透していなかったと思うのですが、私もドラッグストアに売っているニキビ肌用の洗顔料を使うぐらいで特にケアはしていませんでした。


年齢と共にニキビの炎症は落ち着いてきましたが、跡が残ってしまいました。

おでこはまだ良いのですが、頬はお肌が柔らかいせいか、ボコボコに凹凸ができている部分もあれば、赤みが残ってしまっている部分もあります。

両頬にいくつもあって、ファンデーションでもコンシーラーでも消せないので本当に大きな悩みでした。


そんな時、ネットでニキビ跡ケアについて調べていたら専用の化粧水を発見しました。

この厄介なニキビ跡が化粧水ぐらいで治るとも思えないというのがその時の感想なのですが、よくよく説明を見ていくとニキビ跡を治すには肌が独自で持っているターンオーバーという再生機能を活用することが大事とありました。

それには肌機能が正常な状態になること、つまり乾燥を撃退する保湿重視の化粧水を使うことがニキビ跡根治の近道というようなことが書かれていました。

その内容に感銘を受けて、高価な美容成分をふんだんに使うよりも、肌自体に備わっている再生機能を重視する方が健康的で良いなと惹かれました。

その商品は有名なコスメサイトなどでも人気の上位にランキングされていて、HPにはいくつもの体験談が乗っていて、しっかり結果の出ている人が沢山いると知ったのも惹かれた理由です。


具体的なケアとしては、朝晩しっかりと専用化粧水で保湿をすることです。

そんなに高価なものではないので、毎日コットンにたっぷりと吸収させて優しく丁寧にパッティングするようにしました。

特に頬部分は3分ほどコットンパックをしょっちゅうしていました。

そして、あとはこれまで使用していた乳液やクリームでしっかり水分を閉じ込めるだけです。


すごく単純で当たり前の基礎化粧をしているだけですが、使い始めて2週間ほどで肌感が大きく変わってきました。これまで頬は特にカサついていたのですが、しっとり柔らかい肌になったのが目に見えてわかります。

そして1カ月、2か月と使い続けるにつれて赤みは消えていき、凸凹は完全には消えていないものの、以前に比べるとかなり目立たなくなりました。

※関連サイト⇒http://www.quiverandarch.com/



ニキビ跡に効く化粧水ランキング

ニキビ跡に効く化粧水ランキング

※おすすめのサイト⇒http://www.terrorfileonline.org/


このページの先頭へ

トライアルセット生活